留学制度に関して

  • HOME
  • 留学制度に関して

留学制度に関して

クラーク生の留学先として実績のあるオーストラリア。
2007年までにすでに全国で700名の生徒が留学しました。
クラーク生が安心して生活し、学習のできる環境が整っており、日本人教員も常駐しています。

クラークの留学制度のここが安心

3年間で卒業クラーク教員が現地に常駐留学期間が選べる帰国後の進路

※留学プログラムは留学先によって異なる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

2015年度 留学スケジュール

《中期留学プログラム》 3ヶ月

実施 エントリー
資格取得試験
申込締切 渡航前
オリエンテーション
渡航日 帰国日
05月渡航 2015年
01月06日(火)
 ~01月19日(月)
2015年
02月27日
  (金)
2015年
05月14日(木)
 ~05月16日(土)
2015年
05月16日
  (土)
2015年
08月07日
  (金)
09月渡航 2015年
04月23日(木)
 ~05月10日(日)
2015年
07月03日
  (金)
2015年
09月16日(水)
 ~09月18日(金)
2015年
09月18日
  (金)
2015年
12月11日
  (金)
01月渡航 2015年
08月24日(月)
 ~09月13日(日)
2015年
10月23日
  (金)
2016年
01月20日(水)
 ~01月22日(金)
2016年
01月22日
  (金)
2016年
04月15日
  (金)

《長期留学プログラム》 6ヶ月~(中期留学→長期留学)

実施 申込締切 長期への移行日 帰国日
08月継続
<長期変更>
中期留学開始1ヶ月後頃までに長期への変更希望を確認 2015年
08月08日(土)
2015年
12月11日(土)
12月継続
<長期変更>
2015年
12月12日(土)
2016年
04月15日(土)
必須一時帰国
2015年12月11日(金)
 ~2016年1月8日(金)
04月継続
<長期変更>
2016年
04月16日(土)
2016年
08月05日(土)

クラークならではの5つの特徴

1. 目的にあわせて留学期間を選べる

※TOEICとは…Test Of English for International Communicationの略称。
         国際コニュニケーション 英語能力テストのこと。

2. 留学中の学習を修得単位としてすべて認定(長期留学の場合)

留学中でもクラークを卒業するために必要となる課題などの提出物はオーストラリアから送ります。
(※体験留学、短期留学の場合は留学前後で調整します。)

3. 手続きから現地生活まで安心サポート

海外経験の豊富な留学センターの職員がお申し込みから出発まで、手続きや質問などをサポート。
留学中もサポートを継続するから保護者の方々も安心です。

現地に常駐している日本人職員が生活から学習までをサポート。
成績や生活についてのレポートも届きます。
年に3回は日本で保護者会も実施。

万一のときでも…

病気や怪我の場合でも、24時間の総合病院で診察を受けられます。
医療専門の日本人通訳もいるから安心。

4. 自立心育成や異文化体験ができる豊富なアクティビティ

アクティビティのキーワードは「チャレンジ」。
日本ではなかなか体験できないような現地ならではの活動を体験。
通常のアクティビティの費用が留学費に含まれていることも安心です。
もちろん文化を学習することもアクティビティの一つですよ。

※休暇期間中にはオプションでのアクティビティもあります。別途費用。

5. 海外系列大学・大学院への進学もOK

卒業後、海外の大学進学を希望する生徒は、系列校であるインターナショナル・パシフィック大学(ニュージーランド)への進学が可能です。

インターナショナル・パシフィック大学への進学については別途お問い合わせください。
日本各地にオフィスがありますので、直接のご質問にも対応できます。

6. 卒業後の留学について

卒業後の留学については、クラーク記念国際高等学校の本校のホームページ

通信制高校とは?

技能連携制度とは?

学年制(週5日通学)

単位制(週1日通学)

よくある質問

学年制・単位制

留学制度

転入学制度

鳥取キャンパスについて

学校案内パンフレット ダウンロード

保護者の皆様へ

進路指導のご担当者様へ

交通アクセス

適応指導教室『すてっぷ』

北海道本校のサイトへ

あすなろ予備校

中高一貫校ができるまで 設立準備室Blog

学校法人 鶏鳴学園

鳥取県学生寮